FXは運ではなく頭脳勝負

厳格な父の前ではついどもりながら話してしまう

 昔から、私の父はとても厳格な性格をしており、話すときにとても緊張します。大人になってからは別居して住んでいますのでそもそもあまり話す機会はないのですが、だからこそ余計に話すときは緊張してしまう自分がいます。
ご興味のある方はどもり 原因をご覧ください。

 

 年末年始に帰省したときも、家族全員で和やかに話せば良いのに、父と話すときだけは様子をうかがいながら話すようにしており、結果としてどもりながら話してしまいます。そうすると、父は「もっとはっきりしゃべれ!」と一喝してくるので、さらに話し辛くなっています。

 

 ただ、父は厳格な人ですが短気な人ではありません。おそらく、少しモジモジしながら話す私の態度を「男らしくない」と思っているがための指摘であり教育です。大人になってからも親子関係は変わらないわけで、それが恥ずかしくもあり嬉しくもあります。

 

 父の前でなるべくどもりを出さないように堂々と話せるように意気込んではいるのですが、実際にはそう上手くいかず、ついつい尻込みしながら話してしまいます。
事前にどもり 原因を調べるにはココです。